腹痛が続いていたので病院へ

少し前くらいから食事をとるとお腹が痛くなることが多くて、激痛というほどではないのですが、しくしく痛むのが憂鬱でした。

それを母に言ったらすぐに病院に行きなさいと言われ…
行ってきたところ過敏性腸症候群だと言われました。

どういう病気なのかよくわからなかったのですが、特に腸の疾患などがないのにお腹が痛かったり、下痢や便秘が起きたりする病気なのだそうです。

ストレスなどの刺激で腸が過敏になってしまい、様々な症状が起きるのだとか。



もともと、私はお腹が弱いところがあるのですが、多分腸がストレスに影響されやすいのでしょう。と言っていました。

ストレスが原因の疾患であるため、ストレスを解消すること、また自律神経を正常に保つことなどが治療になるそうですが、一番いいのはあまり気にしないことだそうです。

考えすぎると余計にそれがストレスになり、症状がひどくしてしまう方も少なくないらしいです。



家に帰って、薬を飲んだらすぐに腹痛はおさまりました。
人心地着いてから病気について調べてみたところ、ひどい人はかなり症状がひどいようですね。

私はお腹を下したり腹痛が起こることはあるものの、外出ができなくなるようなことはありません。

ひどくなるとガスのにおいが出ることもあるそうで、一応年頃の乙女(?)ですからそれだけは阻止しなくては。。。お嫁に行けなくなります(と言うか相手いないし 笑)

乳酸菌などをとってお腹の調子を整えると良いそうで、早速ドラッグストアでお安い乳酸菌のサプリメントを買ってきました。

乳酸菌というとヨーグルトですが、ヨーグルトはお腹が冷えるのでちょっと苦手なんですよね。それにサプリの方が安上がりです。って、他のサイトの受け売りですが 笑 →過敏性腸症候群の乳酸菌摂取はサプリがおすすめ ヨーグルトよりも安く効率が良い

食事のほうは、今はとりあえずは母に任せるとして・・・(汗
健康のため、規則正しい生活を心がけようと思います。






遊び

何気ないこと

お菓子大好き

将来のこと

旅行

友達関連